マンションは売るよりも賃貸する方がよい

マンションを買って、そのマンションを賃貸することで収入を得るというのは、なかなかよいアイデアです。しかし、かなりの高額なものですから、非常によい、とまではいかないのですが、マンションを買ってしまって、それで売らなければならなくなってしまった人にとっては、売るよりも賃貸する方がずっとよいでしょう。

というのは、マンションを買ってローンを組んだ場合は、ローンの返済をしても、実際には借金残高がほとんど減ることなく、ただ利息ばかりを払っていたということに気づきます。こんな状態では、マンションを売っても、売上代金はローンと相殺されてしまって、結果的に何も残らないか、あるいは借金の方が大きくて、骨折り損ということになってしまうのです。このような状態であれば売るより貸す方がよいのです。

実際に貸すとなれば、いったいどのようにして借り手を見つけようかと考えるかもしれませんが、マンションを販売した不動産業者なら賃貸も扱っているはずですから、気軽に問い合わせて見るのがよいでしょう。もちろんすぐには入り手が見つからなかったとしても、ひとたび入り手が見つかれば、毎月安定した家賃収入が入ってきます。これは数年すれば、売った場合よりもよい収入になるのです。